Mobile Factory Tech Blog

技術好きな方へ!モバイルファクトリーのエンジニアたちが楽しい技術話をお届けします!

「どこでもKotlin #7 〜Kotlin MPP特集〜」で登壇してきました

こんにちは。シニアエンジニアの @yashims85(id:yashims85) です。

今日は2019/03/27にM3さんで行われた「どこでもKotlin #7 〜Kotlin MPP特集〜」に登壇してきた事についての記事です。

どこでもKotlinとは

Android開発言語として注目されているKotlin、その活躍の場はAndroidだけじゃない!!! Kotlinはサーバーサイドでも、どこでも(デスクトップアプリやAltJS、iOSアプリなどでも)使える言語です。 エムスリーではAndroidアプリやサーバーサイドの開発言語としてKotlinを実践投入しています。「どこでもKotlin」では様々な分野におけるKotlinの話題について取り上げていきます。

イベントページより引用


他の登壇者様の資料や発表内容については、ページ下部のリンクやハッシュタグ(#m3kt)、またはエムスリー様のテックブログをご参照ください。

発表内容

今回は「Kotlin/MPPでX-PF 事始めのつまづきポイントというタイトル」で登壇させていただきました。

2019/03/27現在、モバイルファクトリーではKotlin/MPPを使用して、既存プロダクトのリプレースを進めています。

また、それと平行して、個人的にそのプロダクトで使用するためのKotlin/MPP用のプレゼンテーションルーターをOSSで開発しています。

今回の発表ではそれら2つのプロダクトでKotlin/MPPを使用して、開発を進めている中で得られた知見を共有しています。

印象に残ったこと

Kotlin/MPPの使用され度

会場でKotlin/MPPの使用状況についてアンケートを取るシーンがありました。 「実際のプロダクトでKotlin/MPPを運用している」という会社は1、2社といったところで、やはりまだまだ少ない印象です。

その状況を鑑みるに、今回私の発表中で軽く触れたクライアントアプリの設計について、今後深く話してみたいなという印象をいだきました。

Kotlin/MPPのプロジェクト構成とbuild.gradle

参考にできる情報が少なく、今弊社的にもKotlin/MPPで一番苦しんでいるポイントです。 今回登壇した方々にしてみても、やはり同じ様な苦しみを経験していらっしゃるでした。

そんなみなさんの発表ですので、私にとって知見の塊といってよくとても有意義な勉強会でした。

他の方々の登壇内容について

どの発表も目からウロコで知見の塊でした。

How to upload a kotlin multiplatform project library. - 荒谷 光

Kotlin/MPPの記事を探すとだいたいこの方に行き当たるというすごい人。 ちょうど私もKoRouterのPublish方法わからなくて泣いていたところだったので、渡りに船のような発表でした。

DroidKaigi 公式アプリのKotlin Multiplatform - takahirom

DoroidKaigi 2019の公式アプリのオーナーを務めるtakahiromさんの発表です。 実際にアプリをKotlin/MPPで作り、それをリリースしており、経験に裏打ちされたつらみやわかりみがあり、一歩先を行く転ばぬ先の杖のような発表でした。

Kotlin/NativeのiOSにおけるオーバーヘッド - 星川 貴樹

どこでもKotlin運営である@oboenikuiさんの発表です。 Kotlin/NativeでKotlinを動かすときの知見です。アセンブリの読解と、アセンブリからObj-Cライクな擬似コードを出力するHopperはまさに温故知新、新たな発見でした。

おわりに

モバイルファクトリーでは社内、社外を問わず日々様々な勉強会や読書会が行われています。

そんな環境で、ともに成長していける仲間を募集しています。

Gotanda.EM #1 のイベントレポート!

こんにちは。コーポレート・コミュニケーション室の id:kfly8 です。

この記事では、3/28(木)に開催されたGotanda.EM #1のイベントについてお伝えします。

f:id:mobile-factory:20190329160948p:plain
Gotanda.EM #1

主催は、モバファクでブロックチェーンチームのエンジニアリーダーをしている@tsukumarudely株式会社のエンジニアリングマネージャーをしている@kr9lyさんです。楽しいイベントをありがとうございました!

モバファクは、EMに関わる人たちがコミュケーションする場をサポートしたく、会場/懇親会のスポンサーをさせてもらいました。そして積極採用中です!

どんなイベント?

Gotanda.EM #1は、 五反田近郊で働いている人々や五反田に集結できる人々で開催する、エンジニアリングマネージャー(Engineering Manager)たちのためのライトな情報共有の場 とのことです。 イベントページに記載の通り、カジュアルで話しやすい雰囲気でした:D

京都(!) から@shiba_yu36さんがいらしたので、「五反田近郊とは?」「京都も含めていきましょう!」という気持ちになりました。

受付は、アイコン入り名札で素敵!Gotanda.unityを参考にしているそう。

席は島ごとに登壇者を配置するスタイル。アイスブレイクで普段の悩みを共有して、話しやすい雰囲気になってからLTが始まりました。

各LT

LT #1 「あなたがエンジニアリングマネージャーと名乗る理由はなんですか?」 - @kr9ly

一番手は、主催のからくりさん。からくりさんが、マネージャーとしての役割を模索しながら、理想のチーム、マネージャーとしてのあり方をチームメンバーから教えてもらったという素敵な話。問題を抱え込まず、周りの人に頼っていく大切さを改めて感じました。

LT #2 「副業エンジニアを中心とした開発チームとその勘所」 - @yamato

2番手は、やまとさん。スタートアップでハイスキルな副業の人が多くいるチームで、開発の成果を出せるように工夫していることをタスク・コミュニケーションの切り口で具体的に聞け、とても実践的でした。

LT #3 「マネージャー!きみは何者だ!?」 @mizuki_r

3人目は、@mizuki_rさん。「EMって本当に必要?なくせたりしない?」という根源的な質問から始まり、チーム・組織の価値を最大化するためにエンジニアの職能独特の言葉・成果を、チーム・組織で理解できるよう促進し正しく評価できる必要があるという、とても考えさせられる内容で楽しかったです。

LT #4 「経験から効率よく学習する」 @kfly8

4人目は、私でした。マネジメントでやるべきこと、優先順位を決めることは常に悩むことだと思います。ここでは育成において、学術的なモデルを利用して、現状の過不足をみてみませんか?という話をしてみました。

LT #5 「グレードイメージ具体化のため昇格理由を公開する」 @shibayu36

最後は、@shiba_yu36さん。評価において納得感は大事ですし、目指す方向がイメージできた方が行動しやすい、そこで、グレードの昇格理由を公開し、知見として溜まるようにしたという話。会社に取り入れるためにどう説得したのか?公開したことで何か問題は起きなかったか?LTだけでは聞き足りない色々聞きたくなる話でした!

おわりに

以上、Gotanda.EM #1 のイベントレポートでした。#2 の開催もあるようなので、楽しみです!