Mobile Factory Tech Blog

技術好きな方へ!モバイルファクトリーのエンジニアたちが楽しい技術話をお届けします!

行動を妨げる指標の罠

チーム開発で、指標をうまく使えると便利ですが、この「うまく使う」というのはなかなか難しく、罠はあると思っています。 今回は、この罠を、信号機に例えて、説明してみたいと思います。他にも、罠があればぜひ教えてください!

壊れた信号

f:id:kfly8:20211124173534p:plain:w200
壊れた信号

  • データが壊れていて、信用できない
  • そのまま放置されている

信号無視

f:id:kfly8:20211124173613p:plain:w200
信号無視

  • 人によって、良し悪しの判断基準が異なる
  • 基準を用意しても無視をする

信号だらけ

f:id:kfly8:20211124173632p:plain:w200
信号だらけ

  • 指標がありすぎて、どこを見れば良いかわからない
  • 分かる人にしか分からない状態

工事のいる信号

f:id:kfly8:20211124173702p:plain:w200
工事のいる信号

  • 信号を見るのに、工事業者に依頼をしなければならない
  • つまり、データを見るのに手間がかかる

さいごに

ここでは行動を妨げる罠を紹介しました。
裏を返せば、良い行動を引き出す信号、作っていきたいですね・・!!現場からは以上です。